酸化チタンなど生活を支える新材料~先進的な材料加工技術白書

男性

試作品の製造依頼

機械

プラスチックの成形は基本的にキャスティングを用いて行われることになる。最近では3Dプリンターの登場によって簡単に成形をすることができるが、本格的な成形をしようと思うとそれなりの規模の3Dプリンターを揃える必要もあり、意外とコストがかかってくる。例えば試作品として小ロットの製造を行いたいという場合に大規模の3Dプリンターを導入するのは非現実的になってくるが、小ロット製造に対応したプラスチック成形業者というのも実は存在する。小ロットで製造するというのは実は非常に面倒なことであり、プラスチック成形業者でも全ての業者が対応しているわけではない。プラスチックの製造はキャスティングをすることになるわけであるが、キャスティングをするためには型を作る必要があり、型の製造は基本的に難易度を極め費用もそれなりにかかる。大量生産をするのであれば難しい型を作ったとしても採算がとれるが、小ロットとなるとまず採算を取ることは出来ないだろう。こういう時でも小ロットに対応したプラスチック成形業者であれば、キャスティング以外の方法で成形することが可能になる事が多い。例えばNC加工機を所有している業者であれば一個一個NC旋盤にかけることで意図する成形をすることができ、小ロットでも対応することが可能だ。勿論それ相応に成形料金はかかるだろうが、キャスティングをするよりは安く抑えることが出来るだろう。また品質を求めない試作品を作りたいというのであれば光造形機を利用することで紫外線で硬化させていくことが出来る。ただ硬化した際の断層は出来てしまうが、試作品でおおよその完成品の形作りをする上では特別問題ないだろう。こういった方法は大量生産には向いていないが、小ロットで対応することができ、キャスティングと同様に複雑な成形をすることが可能になる。